太宰府市議会議員
Kadota Naoki
門田 直樹
 
市議会ブログ&雑記
平成26年
 
3月31日(月)
 
都府楼跡:春の集い
 75歳以上の夫婦二人暮らし、家族と同居、70歳以上の独居の方々を対象に交流会(花見)が行われました。主催は自治会の福祉推進協議会です。
 年度末の多忙な時期ですが、暑くなく寒くもない気持ちのいい空気の中、大勢でお弁当を食べ歓談しました。

花見

 
3月21日(金)
 
携帯基地局指導要綱
 市のホームページに指導要綱が載ってました。
 いまさら比べても仕方ありませんが、実効性という点で見ると、廃案になった条例を10とするなら、今回施行された要綱が3〜4で、廃止された「実施方針」はマイナス10というところでしょう。
(比較表です↓)
実施方針
条例
指導要綱

H23/9公表〜H26/4廃止

 H23/12 議員発議
 可決・成立するも、井上市長の拒否権(再議)により翌年廃案。 ※注

H26/4 施行

紛争防止(?)

紛争防止

紛争防止
 説明を求められた場合、解決に努める。

 ※住民は建設に関し何も知らされないから、求めようがありません!

 着工の60日前までに事業計画書を市に提出、40日前までに説明会。
 説明会開催後10日以内に報告書を市に提出。
 意見書が提出されたときは回答を付して市に提出。
 説明を行う等誠意をもって対応し紛争の防止に努める。
 表示板を掲示する。
 設置届を市長に出す。
  紛争の防止及び調整に努める。

 ※気がつけば建っているのだから紛争の「防止」はできません。
またこの「方針」を見れば市に調整の意志が無いことは明らかです。
※注

 事業計画書、報告書、意見書ならびに回答を縦覧に供すとともに、市のホームページに掲載する。
 市民から既設の基地局等の管理運営状況について、調査を求められたときは、関係機関ならびに事業者へ調査の依頼をし、その結果を公表しなければならない。
 要請があれば調整に努めるが、解決の見込みがなければ打ち切る。
 事業者の説明について検討を行い、紛争の防止に努める。  説明会に参加するよう努める。
 説明会開催後5日以内に事業者に対し意見書を提出できる。
 事業者の説明について相互理解を深め、紛争の防止に努める。
なし
 事業者が計画書、報告書、意見書、及び回答の提出をしなかった、又は虚偽の記載をしたとき。
 事業者が説明会を行わなかったとき。
なし
なし
 勧告を受けた事業者が勧告に従わなかったときは、勧告の内容と事業者名を公表する。
なし
※注:詳しくは→ 学校の近くに基地局ができた

 基地局新設における紛争については最近聞きません。
 携帯電話基地局は本市において必要数を満たしているのではないかと思います。

 今後は基地局問題では、この指導要綱に基づき住民と業者が解決を図り、市がそれにかかわっていくことになりますが、既設基地局の問題も含め、適正に運用されるよう見続けます。

 
3月20日(木)
 
3月定例会・最終日 
採決の結果は以下の通りです。 割れ案件 → 賛否が割れた案件
事件番号
事件名
賛成
結果
議案第2号
上水道の給水協定について
全員
可決
議案第3号
下水道の排水協定について
全員
可決
議案第7号
市道路線の認定について
全員
可決
議案第8号
太宰府市営住宅管理条例の一部を改正する条例について
全員
原可
議案第9号
太宰府市手数料条例の一部を改正する条例について
全員
原可
議案第10号
太宰府市立学童保育所設置条例の一部を改正する条例について
全員
原可
議案第11号
太宰府市行政機構の改革に伴う関係条例の整理等に関する条例の制定について
全員
原可
議案第12号
太宰府市上下水道事業センター条例の制定について
全員
原可
議案第13号
太宰府市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について
全員
原可
議案第14号
太宰府市子ども医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例について
全員
原可
議案第15号
平成25年度太宰府市一般会計補正予算(第5号)について
多数
原可
議案第16号
平成25年度太宰府市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について
多数
原可
議案第17号
平成25年度太宰府市下水道事業会計補正予算(第2号)について
全員
原可
議案第18号
平成26年度太宰府市一般会計予算について
多数
原可
議案第19号
平成26年度太宰府市国民健康保険事業特別会計予算について
全員
原可
議案第20号
平成26年度太宰府市後期高齢者医療特別会計予算について
全員
原可
議案第21号
平成26年度太宰府市介護保険事業特別会計予算について
全員
原可
議案第22号
平成26年度太宰府市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算について
全員
原可
議案第23号
平成26年度筑紫地区障害支援区分等審査会事業特別会計予算について
全員
原可
議案第24号
平成26年度太宰府市水道事業会計予算について
全員
原可
議案第25号
平成26年度太宰府市下水道事業会計予算について
全員
原可
議案第26号
平成26年度太宰府市一般会計補正予算(第1号)について
全員
原可
発議第1号
太宰府市議会委員会条例の一部を改正する条例について
全員
原可
発議第2号
太宰府市議会基本条例の制定について
全員
原可
意見書第1号
労働者の環境保全を求める意見書
少数
否決
 
賛否が分かれた案件

氏名
(議席番号順)

  賛成議員数 反対議員数
議案第15号
賛成
ばつ
賛成
ばつ
賛成
ばつ
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
14
3
議案第16号
賛成
ばつ
賛成
賛成
賛成
ばつ
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
15
2
議案第18号
賛成
ばつ
賛成
ばつ
賛成
ばつ
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
賛成
14
3
意見書第1号
ばつ
賛成
賛成
賛成
ばつ
賛成
賛成
賛成
ばつ
ばつ
賛成
ばつ
ばつ
ばつ
ばつ
賛成
ばつ
8
9
まる:賛成  ばつ:反対 ※議長除く

 議案第15号:一般会計補正予算(第5号)に関しては、その中の体育複合施設建設関連費10億1900万円について同意できません。
 しかしながら小中学校の校舎補修など、体育館建設を除く部分は必要であり異議がないので、討論を行い、議案には賛成しました。

 発議第2号の太宰府市議会基本条例は全会一致で可決です。
 約3年間40回以上の特別委員会審議と市民説明会、パブリックコメントを経て成立しました。

 意見書第1号:労働者の環境保全を求める意見書には反対しました。
 この意見書は労働組合の関係団体が各地の議会に提出を働きかけているようです。
 本市では社民党の村山議員から提出されました。
 私の反対理由は討論で詳しく述べましたが、一言でいうと「針小棒大」と感じます。

 
3月13日(木)
 
予算特別委員会
  今日から予算委員会です。 全議員で構成し、市長以下全執行部出席の下、平成26年度の一般会計、各特別会計、企業会計について審議します。

 今日と明日は午前中に中学校・小学校の卒業式が行われますので、委員会は午後から、月曜・火曜(予備日)は午前10時からです。

  会議録は後日市のHPに掲載されます。

 
3月12日(水)
 
携帯電話基地局問題
 携帯電話中継基地局調査研究特別委員会の解散(廃止)については先日記載しましたが、今までの経緯や施行予定の指導要綱について改めて取材を受けました。記事を紹介します。

新聞記事

(参考)古庄弘枝 学校の近くに基地局ができた

 
3月9日(日)
 
ペタンク大会
 記憶では10数年前に水城〜水城台〜水城ヶ丘へまほろば号が通るようになったことを記念して行われたのが最初だったと思います。その後、何度か中断はあったものの数年前から国分小校区自治協議会の主催で行われてきました。

 天気にも恵まれ、会場の水城少年スポーツ公園は小学校低学年から高齢者まで多くの参加者で賑わいました。
 私も子供たちとそれぞれ参加し、各コートごとに1チーム3試合の結果、私のチームは2勝1分けで優勝しました!

ペタンク ペタンク ペタンク

 
3月7日(金)
 
3月定例会・一般質問(代表質問)
 会派:太宰府市政改革の会を代表して15項目について質問しました。

 代表質問は主に「施政方針に関すること」について行います。※施政方針以外も可
 施政方針は総合計画に沿って述べられていますので、質問も「〜の・・についての〜に関し、1点目は・・」といったように通告し実際の質問もそのように行います。
 答える側はどうなのか分かりませんが、質問する方は実に面倒でまどろっこしいものです。
 また一つの項目について再々質問までとの申し合わせがあり問題点の掘り下げが難しい反面、持ち時間は80〜90分と長いので、どうしても広く・浅くとなってしまいます。

1
門田
化学物質過敏症やアレルギー体質を持つ児童・生徒への対応について
 心身の発達に不安をもつ就学前までの子ども及び、その保護者に対し適切な支援を受けることができる体制づくりを行うということであるが、心身の発達においては個人の特性と環境の適合も大きな要因だと考える。
 シックハウス症候群などの化学物質過敏症やアレルギー体質を持つ児童・生徒に対しどう対応しておられるのか。また今後の取り組みについてご所見を伺う。
教育長
 化学物質過敏症は日常生活の中にある非常に微量の薬物或いは化学物質に反応し、様々な症状が引き起こされます。
 重症になると勉強に集中できない、また学校へも行けないなど、通常の生活さえ営めなくなる極めて深刻な環境病として認識しています。
 その原因や症状の程度、進行や回復速度の度合いも一人ひとり様々であり、画一的な対応は非常に難しいところで、症例に応じて様々な対応をしていくことが必要と考えています。
 一昨年、市内の小学校で児童が発症した例があり、そのときの児童が反応する、例えばワックスでありますとか石油ストーブ、インク、過敏なときには隣の子の消しゴムにも症状がでてまいりました。
 そのためそれらを遠ざけたり使用を控えたりしまして、また一時的に避難できる相談室を設置するなどその時の状況を見ながら対応を行ってまいりました。幸いにも現在は症状が快方に向かって、日常生活を送れるところまでなっております。
 今後とも国の建築基準法に基づきまして安全で快適な環境を整備し、また子供たちの状況を見ながら、今後とも(支援を)続けていきたいと考えております。
【回答を受けて】
 化学物質過敏症や電磁波過敏症などは環境病といわれており、様々な原因や状況のもとで発生します。症例は限られますが、誰でもかかる可能性があります。
 化学物質や電磁波に対しては個体差はあれ一定の耐性を皆持っていると思います。
 ところが花粉症などもそうですが、長い間接触や被爆を続けるとストレスが臨界を超え、突然発病します。これは誰にでもあり得ることです。また一度発症するとなかなか治りません。
 原因については発症した人たちが「あらかい健康キャンプ村(福島県南会津町)」など化学物質や電磁波を除去した環境では症状が治癒ないしは軽減していることからも明らかです。
 教育の場でこういった環境にも配慮がされ、児童・生徒に対する支援がなされることは重要であり教育長の答弁は評価できます。
2
門田
コミュニテイ無線について
 新たに14箇所増設するとあるが場所によっては晴天時ですら聴き取りにくいという問題が指摘されている。
 設置費用、維持費共に大きなものであり、特に災害時の有効性についてはよく検討し、できるだけの改善を行うべきであると考えるがご所見を伺う。
市長
 コミュニテイ無線については福岡県の補助を受けながら平成18年度から整備しており、本年度末で73基です。
 風向きや気象状況に影響を受けることもありますが、災害時に市民に呼びかけるための手段の一つと考えています。
 また災害以外の情報も流しており、聴き取りにくいところには増設で対応します。
3
門田
防犯暴力追放運動の推進について
 防犯カメラは犯罪の抑止に大きな効果があり、また事件の解決にも重要な役割を果たしている。
 新年度においても危険と思われる場所に増設するとのことだが、どういった場所を考えているのか、また記録映像はどう処理しているのか伺う。
市長
 防犯カメラは平成24年度から設置、運用しており、現在市内に8基17台があります。
 場所については筑紫野署と協議して決め、記録映像はプライバシーに留意し捜査機関から犯罪捜査のための申請があった場合のみ提供しています。
4
門田
男女共同参画の推進について
 本市の男女共同参画推進条例が平成18年4月に施行されて約8年経った。
 当時は条例の審議を通じて男女の特性や役割、あるいは家庭の在り方や教育について様々な意見が交わされ、議会としても認識を深めたと思う。
 まず同条例第16条以下の推進員に係る条項について、この約8年で相談が何件あったのか伺う。
 次に第二次男女共同参画プランについて、カナ文字のカッコ書きが多く見られるが趣旨をお聞かせ願いたい。
部長
 推進員への相談は1件です。カナ文字のカッコ書きについては男女共同参画のなかで通常使われているものは記載し、内容によっては注意書きで意味を説明しています。
5
門田
体育複合施設(総合体育館)について
 市長の施政方針では体育複合施設について「基本プランを基に実施設計を行い、最終的な設計図を完成させる。平成26年9月をめどに建設工事を発注・着工し、平成28年2月完成を目指す。」とある。
 また定例会二日目の質疑では「これ以上建設費は上がらないと考えていいのか」との質問に対して総務部長は「現在基本設計を行っている。それから詳細設計に入るが、予算は基本設計をベースに計上している。」と回答したのみで「上がる」か「上がらない」かについては明言していない。現時点の問題として、
  @ 第4期実施計画によると建設予定額は25億円であり、昨年12月に説明を受けた22億1千万円とは大きく異なること。  
  A 人件費、材料費のさらなる値上がりも考えられる上、維持管理費の見通しも立っていないこと。  
  B 現存する3体育館の今後の扱いもはっきりしていないこと。  
  C 東北の復興事業や東京オリンピックの影響等で、資材や人件費が高騰しており、九州各県でも入札不成立に悩む自治体が多いこと。  
 などが挙げられる。

 金額という前提条件が短期間で壊れた上、建設費がこの先どこまで上がっていくのか分からない状況であり、計画を白紙に戻すべきと考えるがご所見を伺う。

 また建設に関する予定総額について説明を求める。
 今後いくら予定価額が上昇しても建設を行うのか?工事契約に踏み切るのか?
 もし上限としてお考えの価額があるのならお示し願いたい。

市長他

 事業費についてはアリーナ機能の向上をめざした建築面積の増加、アベノミクスのインフレ効果による材料費及び労務単価の上昇が考えられることから予算ベースでは基本計画からは増額となる総事業費約27億5000万円を予定しています。
 平成27年度中の完成・供用に向け事業を進め、建設工事の発注は予定通り9月を見込んでいます。(上限は?との問いに→)2〜3倍になれば考えます。
【回答を受けて】
 結局、初日の説明と同じで総事業費は予算ベースで27億5630万円となる予定で、建設も予定通りとの回答です。
 しかし「2〜3倍になれば」そのとき考えるというのでは予算自体意味がありません。
 なんとか一時停止をさせたいのですが数(議員の賛否)で負けています。
 今後は資材や人件費の上昇を見ながら、入札・契約を厳しくチェックしていきます。

※この件が報道されました → 新聞記事

6
門田
エアコンの設置について
 全小中学校の普通教室へエアコンを設置するため調査・研究を進めるとあるが、どのような調査なのか伺う。また使用の基準はどう考えているのか。
市長
 児童生徒の熱中症対策として平成23年度から3ヶ年計画で全小中学校に扇風機を設置するとともに、中学校の音楽室等にいわゆる空調・エアコンを前倒しして設置しましたが、普通教室にもエアコンが必要なので、平成26年度は全小中学校の普通教室へのエアコンの設置について、調査・研究を進めてまいります。
【回答を受けて】
 平成23年の市長選挙前に井上市長が約束したことの1つが、「全小中学校の普通教室に空調を入れる」でした。
 ところが入れたのは扇風機です。議会でも「おかしい。空調と言えばエアコンのことだ。」との声があがりましたが、市長は「扇風機も空調だ。」と言い張ります。
 2期目もあと1年ですから公約実現に向けて(調査・研究ですが…)動かれるのかもしれません。
 ただ両方は要らないような気がします。1教室に6台も入れた扇風機がもったいない…。
7
門田
不法投棄監視カメラについて
 
不法投棄監視カメラについて運用状況の概略を伺う。
市長
 平成13年度からゴミの不法投棄を監視するため市内に9台設置しています。監視パトロールと合わせ一定の効果があると考えています。
8
門田
野焼きについて
 特に住宅街の野焼きについてどう対応しているのか伺う。
市長
 平成16年に廃棄物の処理及び清掃に関する法律が改正され農家の焼畑など一部を除き禁止されました。対応としては即時に現場確認を行って指導しています。
9
門田
空き地の管理について
 住宅街で適正な管理がされず放置状態の空地において、草が繁茂したりゴミなどの不法投棄があったりしている。対策について伺う。
市長
 草が繁茂し火災や犯罪の恐れがある場合、草刈りや伐採を行うよう指導しています。毎年2月頃現況確認し台帳を作成。
10
門田
空き家に対する対策
 施政方針では条例化に向けた取り組みを進めていくとのことだが取組予定を伺う。
市長
 良好な生活環境の保全を基盤に置き、空家の適正管理に関する条例の早期制定に向けて調査検討を進めています。解体撤去あるいは利用するかなどについても調査検討してまいります。
11
門田
環境教育・学習の推進について
 豊かで便利な生活のために社会経済活動が拡大していき、結果として様々な環境破壊が起きている。
 まずは幼少から環境への理解を深め、環境を大切にする心を育成することが肝要であり、一人一人が環境の保全やよりよい環境の創造のために主体的に行動する実践的な態度や資質、能力を育成することなどが求められている。
 環境教育や市民啓発における本市の取り組みについて伺う。
 また本市では「まほろば自然学校」などのNPOやボランティア団体が活動を行っているが市として連携は行っているのか伺う。
市長他
 総合計画ではより良い環境を未来に引き継ぐために、幅広く環境教育を進めていくことを基本方針としています。市内にはさまざまなNPO、ボランティア団体があり活発な活動をされています。今後とも協力して取り組んでまいります。
12
門田
未来に伝える景観づくりについて
 市政方針では自然景観やまち並みなど絶好の場所には「ビューポイント」としてのサインを設置することとあるが内容を伺う。またWebサイトを活用したPRはお考えか。
市長
 平成26年度から市内の良好な景観形成に寄与する建築物について顕彰することにしており、今後ホームページを充実するとともにグーグルマップなど様々な媒体を活用して市民ならびに来訪者の皆様が親しみやすいPR活動に取り組んでまいります。
13
門田
都市近郊農業の推進について
 農産物販売所ですが、石坂の「ゆめ畑」は大変好評だが、JAと連携し市内にもう一個所できないものかご所見を伺う。
市長
 「ゆめ畑」は現在4市1町において4店舗で展開しており、出荷受け入れにはまだ余裕がありJA筑紫としては現在の店舗を充実させていく方針のようです。
14
門田
イノシシの農地への侵入防止対策について
 イノシシの農地への侵入防止対策について、金属柵はどの程度の効果があるのかと財源について伺う。
市長
 本市では平成23年度に鳥獣被害防止対策協議会を設置し農作物被害の軽減を目的とし、鳥獣被害防止総合対策交付金の活用により、農業集落8地区にイノシシ侵入防止のためのワーヤーメッシュ柵および電気柵を地元農事組合の協力の下に設置し、受益面積として33.6ヘクタールの農地について整備を行いました。農家からはイノシシ被害の負担が軽くなったと好評です。
15
門田
市ホームページによる資料や公文書の公開について
 情報の共有化と活用については「より一層の情報の開示に努め、広報紙やホームページのさらなる充実を図る」とある。
 市ホームページによる資料や公文書の公開では主にPDFで掲載されているが、多くのファイルでテキスト抽出ができない。今後の対応についてご所見を伺う。
市長
 市民にわかりやすく利用しやすいホームページを更新していくのは重要な事であると考えますが、現在本市のホームページの内容は多岐に亘りまたデータ量も大幅に増加しています。今後はシステムの更新時に合わせ検索方法などの検討を行い、さらに使いやすくなるようにしていきます。
【回答を受けて】
 12月の一般質問でも主張したのですが、市が作成した文書を市のホームページに載せるなら、「テキスト抽出」ができる形ですべきです。
 市のホームページに掲載されているPDFファイルのほとんどがテキスト抽出、つまり文字の取り出しや検索ができない形です。
 またファイル名も統一された規則が無いようで整理に困ります。
 せめて年月日や予算書の款項目節をつけていただきたい。
   
 
3月3日(月)
 
総務文教常任委員会
 当委員会に審査付託された議案第8号から13号、及び第15号について執行部から補足説明を受け、質疑・討論・採決を行いました。

 その結果、議案第8号から13号までは委員全員一致で「可決すべきもの」と決定しました。

 議案第15号:平成25年度太宰府市一般会計補正予算(第5号)については、体育複合施設建設関連費10億1900万円を全額削除する修正案が渡辺委員から提出されました。

 提案者に対する質疑では、藤井委員の「他の部分にまたがる国からの補助金を修正したら残り部分がもらえなくなるのではないか。」との問いに、渡辺委員は「万が一もらえなくなったとしても、学校の大規模改修は既に30億円以上の市債、借金でまかなっており、補助金の総額から見ても改修には問題ないと思う。」と答えました。

 討論では藤井委員が修正案に対する反対を表明しました。
 他に討論はなく、修正案について採決を行いました。結果は1:3で否決です。

 修正案が否決されましたので原案(元々の補正全部)について討論・採決を行いました。

議案第15号についての賛否

氏名
(議席番号順)

賛成議員数 反対議員数
修正動議
ばつ
ばつ
賛成
ばつ
1
3
原案
ばつ
賛成
賛成
賛成
3
1

※長谷川委員はインフルエンザのため欠席届が出ています。
※門田は委員長のため(可否同数を除き)採決には加わりません。

 福広委員、不老委員は「(現時点での)体育館建設に反対」に「反対」であることはよく分かります。

 しかし、藤井委員の立場(お考え)はよく分かりません。
 補助金がもらえなくなるかもしれないような修正はすべきでないと「修正案」に反対しながら、補助金全てを含む原案に反対しています…。

 私はもちろん修正案に賛成です。というかこの案は私が作って渡辺委員に提案者をお願いしました。 内容が大事であり、誰が作ろうと関係ないのですが、この修正案を巡っては違う問題が起きています。

 問題とは3月3日の発議(提案)以前に、複数の関係者が修正案の内容を入手した上で、一部の委員に対し、政治的な働きかけをしていたことです。

 この件については橋本議長と議会事務局長に話を聞いていますが納得のいくものはありません。いずれ詳細が明らかになれば掲載します。

 

ページのトップへ戻る

 

Copyright © 2012  門田直樹後援会  All Rights Reserved.
ご意見/お問合せ等はメールでお願いします naoki@f-icq.com