太宰府市議会議員
Kadota Naoki
門田 直樹
議会報告
令和3年
 
アンビシャス広場写真展
7月24日(土)
 
 国分アンビシャス広場の開設20周年を記念して写真展を行います。今日は広場の委員(ボランティア)が集まり打ち合わせをしました。
期 間
 2021年 8月11日(水)〜8月15日(
時 間
 9:00〜17:00
会 場
 太宰府市文化ふれあい館(太宰府市国分4丁目9−1)
主 催
 国分アンビシャス広場委員会
後 援
 福岡県青少年アンビシャス運動推進本部、太宰府市教育委員会
詳しくは → 国分アンビシャス広場
 
NPO報告会
7月18日(
 
 NPO法人福岡あんしん生活ネット(NPO-fan) が昨年実施した「介護・認知症に関する市民意識調査」の報告会が太宰府市文化ふれあい館で開かれました。
 調査は、介護・認知症の不安・危惧が高まっている高齢者の中から特に60歳以上の高齢者に絞り、日ごろからどのような関心を持ち不安を抱きながら生活を送っているのか、その意識や実態の情報を幅広く得ることにより、今後の活動の基本方針を決定する際の参考資料とすることを目的として行われました。
 報告は介護・認知症に関する認識や現状、行政に対する関心・期待など幅広い内容を、詳細な資料をもとに分かりやすく説明されました。今後の議員活動に活かしてまいります。
1 自分も高齢で共倒れする危険がある 9 症状が進み自分がわからなくなるのが耐えられない
2 精神的負担やストレスが大きく毎日が苦痛 10 自分しか介護する人がいないので仕事に支障
3 国や自治体の公的機関が頼りになるか心配 11 介護の方法などどこに聞いてよいのかわからない
4 介護に必要とする経済的負担がのしかかる 12 頼るべき病院や診療所が近くにないのが不安
5 介護保険のみで経済的に間に合うか不安 13 近所の人の目や噂話が気になり心が滅入る
6 絶えず見守る必要があり行動が束縛される 14 その他
7 施設に空きがないので入所が難しいと耳にする 15 特に困ることはない
8 自宅で介護する場合、家のつくりに問題がある 16 わからない
 
市の財政
7月16日(金)
 
 市民グループの勉強会に招かれ、主に市の財政について意見を交わしました。
 メンバーは市議会OB、経営者、コンサルタントなど著名な方々です。
 本市は多くの課題を抱えていますが、財政はその最たるものです。過去の水害や体育館建設の影響(償還)もありますが、改善は進んでいません。財政指標も厳しい状況です。
 私に名案といえるものは特にないのですが、ここで提案された「用途地域の見直しによる新たなまちづくり」は大いに検討していく意義があると考えています。
 
定例議員協議会他
7月13日(火)
 
 今日は、◆議会全員協議会、◆議会連絡会、◆新型コロナウィルス対策議会連絡協議会、◆定例議員協議会、◆総務文教常任委員会協議会と、5つの会議を行いました。
 議会全員協議会では、「ゼロカーボンシティ宣言」について楠田市長から説明と謝罪(?)がありました。同宣言は地球温暖化対策を推進し、2050年までに温室効果ガス排出量の実質ゼロを目指すもので、県内(60市町村)では本市を含め8市町が宣言しています。福岡県は未宣言。
 地球温暖化対策は人類が取り組むべき喫緊の課題です。地方自治体としても計画や予算についてしっかり議論し、市民に協力を求めながら進めていくべきものと考えます。
 しかしながら市議会はこの宣言について全く知らされていませんでした。所管(担当)の環境厚生常任委員会ですら、直前まで6月議会が開かれていたにもかかわらず、一言の説明も受けていません。平成15年から4人の市長を見てきましたが、こんなことは初めてです。
 私も宣言翌日の新聞記事で知りました。「発出式」では「市や市民、事業者や国が連携して、目標達成を目指すことを確認した」とのことです。「市民」の代弁者としての議会なのですが・・。
 
ワクチン接種翌日
7月12日(月)
 
 午前中は来客対応に追われて気づかなかったのですが、午後から体調が少し悪いと感じています。何とも言いようのない感覚で、風邪のひき始めといったところです。
 
ワクチン接種
7月11日(
 
 2回目のワクチンを接種しました。前回同様、打った側の腕が少し痛いくらいです。
 
梅雨
7月10日(土)
 
 車庫の前に白いキノコ。たっぷりと水を吸って元気です。
 たぶん毒キノコだと思いますが、見てる分には気持ちが和みます。予報では来週にも梅雨明け・・最後の大雨がないことを祈っています。
 
消防議会
7月9日(金)
 
 令和3年第2回筑紫野太宰府消防組合議会(臨時会)が行われ、3つの付議案件について審議し、ともに全会一致で同意、承認されました。内容は消防議会議員の入れ替わり(筑紫野市議会2名)と監査委員の選任についてです。また今年度の行政視察は中止と決定しました。
 
社会を明るくする運動
7月1日(木)
 
 “社会を明るくする運動"は、全ての国民が犯罪や非行の防止と犯罪や非行をした人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場で力を合わせ、犯罪や非行のない安全で安心な地域社会を築くための全国的な運動です。7月はその強調月間・再犯防止啓発月間で、太宰府の保護司会も様々な活動を行います。 ※イラストは更正ペンギンのサラちゃんとホゴちゃん。少し太り気味?

ページのトップへ戻

アクセスカウンター

 

Copyright © 2012  門田直樹後援会  All Rights Reserved.
ご意見/お問合せ等はメールでお願いします naoki@f-icq.com