太宰府市議会議員
Kadota Naoki
門田 直樹
議会報告
令和3年
 
令和3年 第1回定例会:初日
2月25日(木)
 
 人事案件4件、財産取得1 件、市道路線認定1件、規約変更1件、指定管理2件、条例改正13件、補正予算4件、新年度予算7件、合わせて33件の議案が提案され、市長から提案理由の説明が行われました。
事件番号
事件名
諮問第1号
人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
 現委員である松尾明子氏の任期が令和3年6月3O日に満了となる。再び松尾氏を推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるもの。
諮問第2号
人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
 現委員である伊藤絹子氏の任期が、令和3年6月3O日に満了となる。再び伊藤氏を推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるもの。
議案第2号
太宰府市監査委員の選任につき同意を求めることについて
 現委員である吉野茂氏の任期が本年5月31日に満了となる。再び吉野氏を選任したいので、地方自治法第196条第1項の規定により提案するもの。
議案第3号
太宰府市固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて
 現委員である斎藤孝吉氏の任期が令和3年3月24日に満了となる。再び斎藤氏を選任したいので、地方税法第423条第3項の規定により提案するもの。
議案第4号
財産の取得(史跡地)について
 20筆、面積18031.57平方メートル。買上金額2億9408万6480円。
議案第5号
市道路線の認定について
 「高雄団地14号線」は開発により道路の帰属を受けたので路線認定を行うもの。道路法第8条第1項の規定に基づき市道認定するにあたり、同条第2項の規定により議会の議決を求める。
議案第6号
福岡県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更について
 新たに設立される田川地区広域環境衛生施設組合が、福岡県市町村職員退職手当組合に加入することに伴い、福岡県市町村職員退職手当組合規約を改正する必要が生じたため、地方自治法第290条の規定により議会の議決を求めるもの。
議案第7号
太宰府市立太宰府史跡水辺公園の指定管理者の指定について
 太宰府市指定管理者候補者選定委員会の審査の結果及び市における協議を踏まえた上で、指定管理料の適正化や利用料の見直しなどを図り、シンコースポー ツ九州株式会社を代表団体とする「シンコースポーツ・西鉄ビルマネージメントグループ」を選定したので、地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき指定するに当たり、同条第6項の規定により議会の議決を求めるもの。なお指定期間は、令和3年4月1日から令和8年3月31日までの5年間。
議案第8号
太宰府市総合体育館の指定管理者の指定について
 太宰府市指定管理者候補者選定委員会の審査の結果及び市における協議を踏まえた上で、指定管理料の適正化や利用の活性化などを図り、シンコースポーツ九州株式会社を代表団体とする「シンコースポーツ・西鉄ビルマネージメントグループ」を選定したので、地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき指定するに当たり、同条第6項の規定により議会の議決を求めるもの。なお指定期間は、令和3年4月1日から令和8年 3月31日までの5年間。
議案第9号
太宰府市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
 本市職員の勤勉手当を算定する際の基礎額を国の基準に合わせるもの。 内容は、これまで基礎額に含まれていた扶養手当を除外し適正化するもの。
議案第10号
太宰府古都・みらい基金条例の一部を改正する条例について
 「太宰府古都・みらい基金条例」の現行の適用期間が令和3年3月31日までとなっているので、適用期間を延長するもの。なお適用期間は社会経済情勢等の変化に柔軟に対応するため3年間としている。
議案第11号
太宰府市公園条例の一部を改正する条例について
 今回の改正は、有料公園施設である太宰府歴史スポーツ公園弓道場について、スポーツ振興及び施設の有効活用の観点から使用時間を変更するもの。
議案第12号
太宰府市立太宰府史跡水辺公園条例の一部を改正する条例について
 夏休みに入り屋外プールも稼働する事で利用者が多くなる7月1日から8月31日までのプール使用料を変更するもの。内容としては利用者の約6割を占める市外利用者に対し市内利用者との受益と負担の公平性を担保するため、またコロナ対策として密集を是正するため、他のスポーツ施設同様に市内者と市外者の使用料金に格差を設けるもの。
議案第13号
太宰府市附属機関設置に関する条例の一部を改正する条例について
 太宰府市老人ホーム入所判定委員会は、老人福祉法第11条に基づく老人ホームへの入所措置の要否に ついて、医学や介護の専門職による審査を行うことを目的に設置するもの。太宰府市地域水田農業推進協議会は、都市近郊の特性を生かした作物振興、水田利用及び担い手の育成を図ることを目的として附属機関として設置していたが、一方では経営所得安定対策推進事業の実施主体として当該事業推進に係る補助金の受給団体となっていたことから、その位置づけを整理するため附属機関から除外するもの。
議案第14号
太宰府市立学童保育所設置条例の一部を改正する条例について
 地元要望が強くあった国分第三学童保育 所の新設に伴うもの。内容は国分第三学童保育所の名称、位置、定員を規定するもの。
議案第15号
太宰府市子育て支援センター条例の一部を改正する条例について
 母子保健法第22条の改正に伴い、子育て支援センターで実施している事業に母子保健事業を追加し、妊娠期から子育て期まで切れ目なく支援する事を可能とする「子育て世代包括支援センター」として機能させるもの。
議案第16号
太宰府市子ども医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例について
 福岡県子ども医療費支給制度の改正に伴い通院に係る子ども医療費支給対象を中学校3年生までに拡大するための条例改正を令和2年9月議会で可決いただいたが、追加で改正すべき箇所が判明したので改正するもの。
議案第17号
太宰府市介護保険条例の一部を改正する条例について
 令和3年度から令和5年度までの第8期介護保険事業計画の策定に伴い同期間中の介護保険料を見直したこと、税制改正による個人所得課税の見直しに伴い介護保険料の所得段階決定の根拠となる合計所得金額の算定に不利益が生じ ないよう措置を行う必要が生じたこと、及び低未利用土地の長期譲渡所得の特別控除が追加されたことによる改正。
議案第18号
太宰府市指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営の基準等を定める条例の全部を改正する条例について
 「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準等の一部を改正する省令」の改正に伴い、居宅介護支援事業所の管理者要件等に変更が生じたこと、並びに関係条例及び規則を省令に統一したことによるもの。
議案第19号
太宰府市指定地域密着型サービスの事業者の指定に関する基準及び事業の人員、設備及び運営の基準を定める条例の一部を改正する条例について
 「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準等の一部を改正する省令」の改正に伴い、地域密着型サービス事業所に利用者の人権の擁護等に関する事項を追加するなどの改正を行うもの。
議案第20号
太宰府市指定地域密着型介護予防サービスの事業者の指定に関する基準並びに事業の人員、設備及び運営に関する基準並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について
 「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準等の一部を改正する省令」の改正に伴い、地域密着型介護予防サービス事業所に利用者の人権の擁護等に関する事項を追加するなどの改正を行うものであります。
議案第21号
太宰府の景観と市民遺産を守り育てる条例の一部を改正する条例について
 建築物や工作物の外観変更や路外駐車場の新設を行う際の届出対象行為についての基準見直しによる太宰府市景観計画の一部変更に伴い改正を行うもの。
議案第22号
令和2年度太宰府市一般会計補正予算(第9号)について
 歳入歳出をそれぞれ8187万8千円 増額し、予算総額を348億5949万9千円とする もの。主な内容は、
 
基金積立 33,000  
(単位千円)
未活用の市有地を売却し売却収入を財政調整資金に積立。
  中学校ランチサービス事業費の増額 650
    中学校ランチサービス利用者の増加によりランチサービスの配送料が不足する見込となったことから、配送料を増額。
  新型コロナウイルスの影響による減収補てん 12,300
  新型コロナウイルスの影響により利用者が激減したことに対して、その減収の補てんを行い、経営を支援する。
コミュニティバス運行補助金:8,000
史跡水辺公園・総合体育館指定管理料:4,300
  その他
 
下水道事業会計への一般会計負担分の補正:5,858
水道事業会計に対して建設仮勘定の資産の除却にかかる負担金の増額と令和2年度決算見込で残額が生じる見込による補助金の減額。
新型コロナウイルスの影響による歳入額調整
地方消費税交付金 ▲33,000 減収補てん債 33,000
新型コロナウイルスの影響により減収見込となった地方消費税交付金の減額と、その代替措置として地方消費税交付金の減収を補うものとして本年度拡大された減収補てん債を計上。
繰越明許費の追加8件、地方債の追加1件。
   
 
《 財源内訳
単位:千円
項目
補正額
摘要
地方消費税交付金
-33,000  地方消費税交付金
国庫支出金
19,165  社会保障・税番号制度事業費補助金
632  地域生活支援事業費補助金
財産収入
33,000  市有地売払代金
繰入金
29,081  財政調整資金繰入金
市債
33,000  減収補てん債
計 8187万 8000円
議案第23号
令和2年度太宰府市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について
 歳入に1603万2千円の増減を行うもので、予算総額に変更はない。内容は、新型コロナウイルス感染症の影響により 収入が減少した被保険者等に係る国民健康保険税の減免に伴う保険税収入の減と、国、県からの災害等臨時特例補助金及び特別調整交付金の増額に伴う組み替え。
議案第24号
令和2年度太宰府市水道事業会計補正予算(第3号)について
 収益的収支について、収益的収入を3094万5千円増額し、総額14億5189万3千円とし、収益的支出を511万8千円増額し、総額12億9401万6千円とする。新型コロナウイルス感染症対策の影響で手洗い回数や在宅時間が増加したことなどに伴い水道の使用水量が増えたことで、水道料金収入が増加したため。支出は水道料金収入の増等に伴い消費税及び地方消費税が増加。
 資本的収支について、資本的収入を114万円増額し、総額3348万2千円とし、資本的支出を945万3千円減額し、総額5億3637万5千円とする。内容は、配水管の新設及び布設替工事に伴い消火栓の新設工事箇所が増加したため一般会計からの工事負担金が増額するもの。支出は、福岡県が実施する北谷ダムの堰堤改良事業が減額になることに伴い水道事業の負担金を減額。
議案第25号
令和2年度太宰府市下水道事業会計補正予算(第3号)について
 収益的収入を5838万9千円増額、総額19億3820万3千円とし、収益的支出を5619万3千円増額、総額15億990万3千円とする。内容は、一般会計から下水道事業会計への繰出基準に基づき一般会計負担金が増額となり、決算見込みにより一般会計補助金を減額。また、その他の特別利益として、福岡県から流域下水道維持管理負担金の剰余金精算金が増額になるもの。支出については、経理方法の変更等に伴い、固定資産除却費が増加し、12月議会で承認いただいた下水道使用料の増加等に伴い、消費税及び地方消費税が増加。
議案第26号
令和3年度太宰府市一般会計予算について
1月に発表された内閣府の月例経済報告によると、わが国の景気の状況は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止策を講じる中で、各種政策の効果や海外経済の改善もあって、持ち直しの動きが続くことが期待されるが、内外の感染拡大による下振れリスクの高まりに十分注意する必要があるとされている。そういった中で、激甚化・頻発化する災害への対応に取り組むとともに、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策に万全を期す中で、雇用の確保と事業の継続を通じて、国民の命と暮らしを守り抜き、その上で規制改革など集中的な改革、必要な投資を行い、再び力強い経済成長を実現するとしている。また、先般、総務省より発表された令和3年度の地方財政計画は、新型コロナウイルス感染症の影響により地方税等が大幅な減収となる中、地方団体が行政サービスを安定的に提供しつつ、近年激甚化・頻発化する自然災害に備えるための「防災・減災、国土強靭化の推進」や、地域の実情に応じ、自主的・主体的に地方創生に取り組む「まち・ひと・し ごと創生事業の推進」などの重要課題に取り組めるよう、地方交付税を前年度比で5.1%増額するなど一般財源総額について63兆1千億円を確保したとしている 。
このような中、令和3年度予算編成にあたっては、昨年度策定した市長公約に基づく「太宰府市まちづくりビジョ ン」をベースに、「経済活性化」「財政健全化」「新たな生活様式」というコロナ対策の三つの視点を組み合わせ、戦後最悪と も言われる経済状況を乗り越えるべく、「コロナ危機を乗り越え公約を実現する積極的集大成予算」と位置づけて提案する。
歳入予算は、新型コロナウイルス感染症の影響による経済活動停滞のため市税が大幅に減収となるものの、事業見直しや歳出改革による歳出削減、使用料見直しによる収入増、そしてふるさと納税の拡充に取り組むことにより自主財源の確保に努めるとともに基金を一部活用することで財源を捻出した。
歳出予算は、様々な財政需要の均衡を図りつつ予算配分を行ったが、コロナ禍にさいなまれる市民生活の安定や事業者の事業継続の支援、激減した観光客の回復のための取り組みなどにより、冷え込んだ地域経済を活性化させ、市長任期の最終年度における公約実現を図る取り組 みを行っていく。また、地域資源を最大限に活用するため産品開発のための事業を展開し、将来を見据えた財源確保のための取り組みを進めていきたいと考えている。この結果、令和3年度の一般会計予算総額は、255億3377万円となり、前年度当初予算額に比べ、5億15万円の増、率にすると2パーセントの増となった。
議案第27号
令和3年度太宰府市国民健康保険事業特別会計予算について
 歳入歳出予算は72億9630万2千円で、対前年度比1.3パーセントの増。 主な増加要因は、被保険者1人当たりの医療費が増加したことなどによるもの。 今後も、医療費の適正化等を図りながら、健全で安定した国民健康保険事業の運営に努める。
議案第28号
令和3年度太宰府市後期高齢者医療特別会計予算について
 歳入歳出予算は、13億2048万2千円で、対前年度比4.0パーセントの増。福岡県後期高齢者医療広域連合による試算をもとに予算計上 しており、主な増加要因は被保険者数の増加に伴う広域連合負担金の増額によるもの。
議案第29号
令和3年度太宰府市介護保険事業特別会計予算について
 介護保険事業は、高齢化の進行に伴い、要介護認定者及び介護サービス利用の増加により、年々給付費が増加している。令和3年度の歳入歳出予算は、保険事業勘定総額57億2379万6千円で、対前年度比6.8パー セントの増、介護サービス事業勘定総額6554万5千円で、対前年度比2パーセントの減。主な増加要因は、新型コロナウイルス感染症の影響による介護認定調査費等によるもの。今後も介護保険制度の利用者の自立支援、給付費の適正化に努め介護保険事業の円滑な運営に努める。
議案第30号
令和3年度太宰府市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算について
 歳入歳出予算は34万8千円、 対前年度比1.7パーセントの減。主な減少要因は、庶務関係費の減額に伴う一般会計からの繰入金の減額によるもの。なお貸付金の償還については、今後も個別の現状把握に努め、精力的に家庭訪問を行うなど、償還の促進と、県との連絡調整や契約弁護士との法律相談を行いながら、滞納者対策に努める。
議案第31号
令和3年度太宰府市水道事業会計予算について
 令和3年度の予定量は、給水戸数2万6286戸、年間総給水量574万8750立方メートルを予定。
 収益的収入及び支出は、収入総額14億5548万7千円とし、支出総額を13億223万7千円と している。給水収益については、12億4717万円を予定。また加入負担金については、3549万7千円を見込んでいる。
 資本的収入及び支出は、収入総額を4148万5千円、支出総額を5億5500万9千円としている。収入については、松川浄水場耐震化に伴う国庫補助金と して319万円、松川浄水場及び水道管路の耐震化に伴う一般会計からの出資金を3070万円計上し、支出については 主な建設改良事業として梅香苑地区及び緑台地区の配水管布設替工事などを予定。なお不足額については、消費税及び地方消費税資本的収支調整額及び損益勘定留保資金で補てん。
議案第32号
令和3年度太宰府市下水道事業会計予算について
 令和3年度の予定量は、排水戸数3万762戸、年間総排水量710万8740立方メートルを予定。
 収益的収入及び支出は、収入総額を18億7973万7千円とし、支出総額を14億6610万7千円としている。下水道使用料については、12億326万1千円を見込んでいる。
 資本的収入及び支出は、収入総額を2億3625万1千円、支出総額を9億1328万8千円とし、主な建設改良事業として、ストックマネジメント計画に基づくカメラ調査やマンホール蓋の取替工事などで、単独と補助事業を合わせて、総額2億3442万1千円としている。なお、不足額については、消費税及び地方消費税資本的収支調整額及び損益勘定留保資金で補てん。
 
議会運営委員会
2月18日(金)
 
 令和3年 太宰府市議会第1回(3月)定例会の会期、日程、議案等です。
 1 会期  2月25日(木) から 3月19日(金) まで 23日間
 2 日程
  (1)本会議
    1日目  
2月
25日(木)
  午前10時   施政方針・提案理由説明
    2日目  
3月
1日(月)
  午後 2時   質疑・討論・採決・委員会付託
    3日目  
3月
9日(火)
  午前10時   一般質問
    4日目  
3月
10日(水)
  午前10時   一般質問
    5日目  
3月
11日(木)
  午前10時   一般質問(予備日)
    6日目  
3月
19日(金)
  午前10時   報告・質疑・討論・採決
  (2)常任委員会
    総務文教常任委員会  
3月
3日(水)
  午前10時
    環境厚生常任委員会  
3月
4日(木)
  午前10時
    建設経済常任委員会  
3月
5日(金)
  午前10時
  (3)予算特別委員会
   
2月
25日(木)
  本会議散会後
   
3月
15日(月)
  午前10時
   
3月
16日(火)
  午前10時
   
3月
17日(水)
  午後2時(予備日)
 4 議案等
(議案) 33件
事件番号
事件名
付議
付託
採決
諮問第1号
人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
2/25
3/1
諮問第2号
人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
2/25
3/1
議案第2号
太宰府市監査委員の選任につき同意を求めることについて
2/25
3/1
議案第3号
太宰府市固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて
2/25
3/1
議案第4号
財産の取得(史跡地)について
2/25
3/1
議案第5号
市道路線の認定について
2/25
建設
3/19
議案第6号
福岡県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更について
2/25
3/1
議案第7号
太宰府市立太宰府史跡水辺公園の指定管理者の指定について
2/25
総務
3/19
議案第8号
太宰府市総合体育館の指定管理者の指定について
2/25
総務
3/19
議案第9号
太宰府市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
2/25
総務
3/19
議案第10号
太宰府古都・みらい基金条例の一部を改正する条例について
2/25
総務
3/19
議案第11号
太宰府市公園条例の一部を改正する条例について
2/25
総務
3/19
議案第12号
太宰府市立太宰府史跡水辺公園条例の一部を改正する条例について
2/25
総務
3/19
議案第13号
太宰府市附属機関設置に関する条例の一部を改正する条例について
2/25
環境
建設
3/19
議案第14号
太宰府市立学童保育所設置条例の一部を改正する条例について
2/25
環境
3/19
議案第15号
太宰府市子育て支援センター条例の一部を改正する条例について
2/25
環境
3/19
議案第16号
太宰府市子ども医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例について
2/25
環境
3/19
議案第17号
太宰府市介護保険条例の一部を改正する条例について
2/25
環境
3/19
議案第18号
太宰府市指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営の基準等を定める条例の全部を改正する条例について
2/25
環境
3/19
議案第19号
太宰府市指定地域密着型サービスの事業者の指定に関する基準及び事業の人員、設備及び運営の基準を定める条例の一部を改正する条例について
2/25
環境
3/19
議案第20号
太宰府市指定地域密着型介護予防サービスの事業者の指定に関する基準並びに事業の人員、設備及び運営に関する基準並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について
2/25
環境
3/19
議案第21号
太宰府の景観と市民遺産を守り育てる条例の一部を改正する条例について
2/25
建設
3/19
議案第22号
令和2年度太宰府市一般会計補正予算(第9号)について
2/25
各委
3/19
議案第23号
令和2年度太宰府市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について
2/25
環境
3/19
議案第24号
令和2年度太宰府市水道事業会計補正予算(第3号)について
2/25
建設
3/19
議案第25号
令和2年度太宰府市下水道事業会計補正予算(第3号)について
2/25
建設
3/19
議案第26号
令和3年度太宰府市一般会計予算について
2/25
予算
3/19
議案第27号
令和3年度太宰府市国民健康保険事業特別会計予算について
2/25
予算
3/19
議案第28号
令和3年度太宰府市後期高齢者医療特別会計予算について
2/25
予算
3/19
議案第29号
令和3年度太宰府市介護保険事業特別会計予算について
2/25
予算
3/19
議案第30号
令和3年度太宰府市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算について
2/25
予算
3/19
議案第31号
令和3年度太宰府市水道事業会計予算について
2/25
予算
3/19
議案第32号
令和3年度太宰府市下水道事業会計予算について
2/25
予算
3/19
(選挙) 1件
事件番号
事件名
付議
付託
採決
選挙第1号
太宰府市選挙管理委員会委員及び補充員選挙について
3/1
指名
3/19
(追加議案) 2件
事件番号
事件名
付議
付託
採決
議案第33号
令和2年度太宰府市一般会計補正予算(第10号)について
3/1
各委
3/19
議案第34号
令和3年度太宰府市一般会計補正予算(第1号)について
3/1
各委
3/19
(陳情) 3件
事件番号
事件名
受付
送付
月日
陳情第1号
「後期高齢者の医療費窓口負担の引き上げの見送りを求める」意見書を国に提出してください
1/18
環境
3/1
陳情第2号
日本政府に核兵器禁止条約への参加・調印・批准を求める意見書を送ってください
1/21
総務
3/1
陳情第3号
保育士の全面パート化につながる短時間勤務保育士の活用促進ではなく、保育所職員の配置基準改善、処遇向上のための必要な措置を求める意見書の提出を求める陳情
2/18
環境
3/1
【付託】 総務→総務文教常任委員会、建設→建設経済常任委員会、環境→環境厚生常任委員会、
予算→予算特別委員会、指名→指名推選委員会、各委→各委員会へ分割付託
 
第18回青少年アンビシャス運動団体等表彰(個人表彰)
2月12日(金)
 
 青少年アンビシャス運動推進本部(本部長:小川知事)から表彰を受けました。当初は14(日)に天神のソラリアホテルで行われるフォーラムの中で表彰式の予定でしたが、緊急事態措置の実施に伴う新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止となり、個別に地元での授与となりました。
 太宰府市文化ふれあい館ロビーで11時から行われた表彰式において、県の青少年育成課長から表彰状を頂きました。広場の開設から20年…感慨深いものがあります。一緒にやってきたボランティアの皆さんとともに受けた表彰です。これを励みにアンビシャス運動の進展にさらに取り組んでまいります。
 なお、ケーブルステーション福岡様から取材を受け、式典の様子とともに19時から放映されました。上の画像2枚はそこからのコピーです。
 
紙ヒコーキ大会
2月11日(
 
   昨年末に第4回折り紙ヒコーキ福岡県大会が太宰府市総合体育館(とびうめアリーナ)で行われました。
 遅くなりましたが、ホームページを更新しましたのでご覧ください。
 
令和3年 第1回臨時会
2月9日(火)
 
 審議結果は以下の通りです。議案第1号は提案理由の説明を受けたのち、委員会付託を省略し、質疑・討論・採決を行いました。
事件番号
事件名
賛成
結果
議案第1号
令和2年度太宰府市一般会計補正予算(第8号)について
全員
原可
 歳入歳出それぞれ5050万2千円増額し、予算総額を347億7762万1千円とするもの。
 国が進める新型コロナウイルスワクチンの国民への接種について実際は自治体が主体となって進める必要があることから、その接種体制の構築に必要な費用を提案するもの。
 先月の時点で対策本部のなかにワクチン接種特別対策班を設置し、班長に健康福祉部長を指名した。今月始めには若手職員2名に兼務辞令を出し、総勢7名体制で準備を進めている。
 ただ、国としてのスケジュール感が今なお明らかにならず、筑紫地区全体で医療従事者の配置を図る必要があるなど不透明な部分も多く、難航も予想される。
 また、新型コロナウイルスに感染もしくは濃厚接触者認定されることで自宅待機を余儀なくされ、親族などからの支援を受 けることが困難な市民に対して、食料や生活物資の支援を行うための費用を計上。併せて債務負担行為の追加を5件計上。
 地方自治法の規定に基づき、議会の議決を求める。
   
議案第1号:一般会計補正予算第8号の概要
  自宅療養者等生活物資支援事業 500万円(歳出見直し)
市内に住所を有する新型コロナウイルス感染症による自宅療養者及び濃厚接触者で親族等からの支援を受けることが困難な者に対して、食料、日用品など生活物資を支援。
  新型コロナウイルスワクチン接種事業 5,050万2,000円(国庫支出金)
    国民の命と暮らしを守るため国が新型コロナウイルス感染症対策として進める国民へのワクチン接種について自治体が主体となって進める必要があるので、その接種体制を構築。
   
※詳細は →  補正予算第8号
 
消防50周年
2月8日(月)
 
 筑紫野太宰府消防組合が創立50周年を迎えました。新型コロナ対策のため予定されていた記念式典等は全て中止になりましたが、記念誌と動画が作成されています。素晴らしい出来栄えで、消防組合の歴史と活動がよくわかります。ぜひご覧ください!
筑紫野太宰府消防本部 (新着情報にあります)
 
アンビシャス広場
2月6日(土)
 
   緊急事態宣言が延長され、国分アンビシャス広場は屋外のみ開いています。囲碁教室は宣言解除まで休止ですが、外でやるかもしれません。
 また昨年中止となった「こどもの日和ごま大会」を3/13(土)に参加者限定で開催を予定しています。
 
告示
2月5日(金)
   太宰府市議会第1回臨時会が告示されました。2/9(火)13:00開会です。
 議案は「一般会計補正予算(第8号)について」で、概要は以下の通りです。
  ◆自宅療養者等生活物資支援事業 予算額:50万円(歳出見直し)
  ◆新型コロナウイルスワクチン接種事業 予算額5,050万円(国庫支出金)
 詳しくは臨時会の後、報告(掲載)します。

ページのトップへ戻

アクセスカウンター

 

Copyright © 2012  門田直樹後援会  All Rights Reserved.
ご意見/お問合せ等はメールでお願いします naoki@f-icq.com