太宰府市議会議員
Kadota Naoki
門田 直樹
議会報告&雑記
令和元年
 
総務文教常任委員会
 
12月5日(木)
 
 付託された案件について委員全員と関係職員が出席し会議を開きました。
 審査の結果、議案第73号から81号、および議案第85号の当委員会所管分は、全員一致で原案のとおり可決すべきと決定しました。最終日に委員長報告を行います。
 また、送付された陳情第10号「水城小学校エレベーター設置に関する陳情書」について状況を聴くため、「総務文教常任委員会協議会」を開き、担当課から説明を受け質疑を行いました
 
第4回(12月)定例会・二日目
 
12月3日(火)
 
 議案第68号と69号は委員会付託を省略し質疑・討論・採決を行い、それぞれ全員賛成で同意、可決、議案第70号から88号は、各委員会に審査付託されました。
 
歴スポ問題
 
11月30日(土)
 
 私の一般質問は、『 12月11日(水)午前10時 から、となりました。よろしくお願いします。
 
第4回(12月)定例会・初日
 
11月29日(金)
 
 人事案件1件、財産取得1件、市道路線廃止1件、市道路線認定2件、指定管理11件、条例改 正1件、補正予算4件、合わせて21件の議案が提案され、提案理由の説明が行われました。
→提案理由の説明
事件番号
事件名
付託
採決
議案第68号
太宰府市教育委員会教育長の任命につき同意を求めることについて
12/3
 現職の樋田京子氏が、本年12月24日付けをもって任期満了となるので、再任について地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づき議会の同意を求めるもの。
議案第69号
財産の取得(太宰府市緑地保護地区内)について
12/3
 大佐野地区緑地保護地区内の土地取得に関する案件。今回、買収する土地は15筆、面積2万5467平方メートル、買収金額4991万5320円。
議案第70号
市道路線の廃止について
建設
12/17
 「芹田線」は、J R踏切の廃止に伴いその軌道部分を分筆しJRに払下げをするため路線を廃止するもの。道路法第10条第1項の規定に基づき路線廃止するにあたり、同条第3項の規定により準用する第8条第2項の規定により議会の議決を求めるもの。
議案第71号
市道路線の認定について
建設
12/17
 「芹田線」「芹田4号線」について、JRの踏切の廃止に伴い、その軌道部分を分筆しJRに払下げを行うため、その前後の路線の再認定を行うもの。道路法第8条第1項の規定に基づき市道認定するにあたり、同条第2項の規定により議会の議決を求めるもの。
議案第72号
区域外道路の認定の承諾について
建設
12/17
 筑紫野市から道路法第8条第3項の規定に基づき、筑紫野市道「小鳥持・沼線」の本市の行政区域内における区域外認定について、本市へ承諾の依頼があったので、同法第8条第4項の規定により、 議会の議決を求めるもの。
議案第73号
議案第74号
大宰府展示館の指定管理者の指定について
総務
12/17
水城館の指定管理者の指定について
 太宰府市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第5条の公募によらない候補者として、公益財団法人古都大宰府保存協会を令和2年度から3年間にわたり、大宰府展示館及び水城館の指定管理者の候補者に選定したので、地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき指定するにあたり、同条第6項の規定により議会の議決を求めるもの。
議案第75号
議案第76号
議案第77号
太宰府市文化ふれあい館の指定管理者の指定について
総務
12/17
太宰府市民図書館の指定管理者の指定について
太宰府市いきいき情報センターの指定管理者の指定について
 太宰府市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第5条の公募によらない候補者として、公益財団法人太宰府市文化スポー ツ振興財団を令和2年度から3年間にわたり、太宰府市文化ふれあい館、太宰府市民図書館、太宰府市いきいき情報センターの指定管理者の候補者に選定したので、地方自治法第24 4条の2第3項の規定に基づき指定するにあたり、同条第6項の規定により議会の議決を求めるもの。
議案第78号
太宰府市立北谷運動公園の指定管理者の指定について
総務
12/17
 太宰府市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第5条の公募によらない候補者として、一般社団法人太宰府市体育協会を令和2年度から3年間にわたり、太宰府市立北谷運動公園の指定管理者の候補者に選定したので、地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき指定するにあたり、同条第6項の規定により議会の議決を求めるもの。
議案第79号
議案第80号
議案第81号
議案第82号
太宰府市立大佐野スポーツ公園の指定管理者の指定について
総務
環境
12/17
太宰府歴史スポーツ公園の指定管理者の指定について
太宰府市体育センターの指定管理者の指定について
太宰府市男女共同参画推進センタールミナスの指定管理者の指定について
 太宰府市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第5条の公募によらない候補者として、公益財団法人太宰府市文化スポー ツ振興財団を令和2年度から3年間にわたり太宰府市立大佐野スポー ツ公園、太宰府歴史スポーツ公園、太宰府市体育センター、太宰府市男女共同参画推進センタールミナスの指定管理者の候補者に選定したので、地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき指定するにあたり、同条第6項の規定により議会の議決を求めるもの。
議案第83号
太宰府市立老人福祉センターの指定管理者の指定について
環境
12/17
 太宰府市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第5条の公募によらない候補者として、社会福祉法人太宰府市社会福祉協議会を令和2年度から3年間にわたり太宰府市立老人福祉センターの指定管理者の候補者に選定したので、地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき指定するにあたり、同条第6項の規定により議会の議決を求めるもの。
議案第84号
太宰府市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例について
環境
12/17
 災害弔慰金の支給等に関する法律等が改正されたことに伴い、条例の一部を改正する必要が生じたため、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会の議決を求めるもの。
議案第85号
令和元年度太宰府市一般会計補正予算(第5号)について
各委
12/17
 歳入歳出それぞれ4億4704万6千円を追加し、予算総額を260億3420万6千円とするもの。主な内容は、
  本年5月にふるさと納税を活用し実施した「令和記念モニュメント制作」に引き続き、「時の旅人プロジェクト事業」の一環として行う、「令和考案者とされる中西進先生をお招きしての講演会および子ども未来会議、梅花の宴再現」の開催に係る補助金を計上。時の旅人プロジェクトと して行ったモニュメント建立の余剰金を用いつつ、新たに行うふるさと納税クラウドファンディング等を原資として行うことを予定。
  障がい者自立支援や障がい児通所支援等のサービス利用者が増えたことや、特別障がい者、重度障がい者手当等が不足することから、給付する扶助費に係る予算を計上
  県が進めている、骨髄等移植ドナー助成事業や小児・AYA世代がん患者への在宅療養生活支援助成事業に対する助成金。
  胃内視鏡健診の受診者が増加の見込みであることから、健康診査等委託料を追加計上。
  昨年度補正予算で計上した、平成30年7月豪雨災害に伴う災害復旧事業のうち、「地域防災がけ崩れ対策事業」において、地質調査等の結果を踏まえ国・県との工事協議を進めるうえで予算が不足する見込みであることから、災害復旧工事費を追加計上。
  四王寺林道の横断暗きよ管改修工事に伴う設計監理等委託料。
  農業用取水ポンプおよび農業用施設の修繕費。
  新年度に向け水城小学校をはじめ市内小学校・中学校において通級指導教室や特別支援学級を増設する必要があることから、備品・教材費などを計上。
  来年開催される東京オリンピック聖火リレーの地に本市が選ばれたことにより、聖火リレー等関係費について計上。
  資金運用により収益が出たので各基金への積立金。
  後年度の財政負担軽減に向けた市債の繰上償還に係る公債償還金。
  障がい者医療給付費負担金や生活保護費などの国・県補助金等の精算返還金などを計上。
  債務負担行為補正については、内部情報系システム保守委託料など、追加4件、変更1件を計上。
議案第86号
令和元年度太宰府市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について
環境
12/17
 歳入及び歳出予算にそれぞれ1億802万1千円を追加し、予算総額を73億2139万6千円とするもの。
 歳出は、はり・灸助成金及び保険税還付金の不足分、平成30年度に交付を受けた保険給付費等交付金(普通交付金)及び特定健診等負担金の超過交付に係る償還金、平成29年度に交付を受けた国及び県の特定健診等負担金の超過交付に係る自主返還分、会計実地検査で指摘のあった平成28、29年度特別調整交付金の超過交付に係る返還分など。
 歳入は、平成30年度決算において確定した1億802万1千円の剰余金を、全額、前年度繰越金に計上したもの。
 この剰余金から、上記歳出分を差し引いた残りについては、国民健康保険事業特別会計財政調整基金への積み立て。
議案第87号
令和元年度太宰府市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について
環境
12/17
 歳入及び歳出予算にそれぞれ12万4千円を追加し、予算総額を12億6619万6千円とするもの。
 歳出は、平成30年度に概算交付を受けた高齢者医療制度円滑運営事業費補助金の確定による精算返還金。
 歳入は、平成30年度決算において確定した剰余金の内12万4千円を前年度繰越金に計上。
議案第88号
令和元年度太宰府市水道事業会計補正予算(第1号)について
建設
12/17
 収益的支出は、134万6千円を増額し、総額12億9030万5千円。渇水のため山神水道企業団からの受水が一部制限されたことに伴い、井戸等の自己水源を活用したことにより 動力費及び薬品費を増額するもの。
 資本的支出は、134万8千円増額し、総額5億5927万2千円。福岡県が北谷ダムを改良することに伴い、その一部を水道事業において負担するもの。
 
議会運営委員会
 
11月26日(火)
 
 令和元年度太宰府市議会第4回(12月)定例会の会期、日程、議案等です。

 1 会期  11月29日(金) から 12月17日(火) まで 19日間

 2 日程

(1)本会議
  1日目  11月 29日(金) 午前10時 提案理由説明
  2日目  12月  3日(火) 午前10時 質疑・討論・採決・委員会付託
  3日目  12月 11日(水) 午前10時 一般質問
  4日目  12月 13日(金) 午前10時 一般質問
  5日目  12月 16日(月) 午前10時 一般質問 (予備日)
  6日目  12月 17日(火) 午前10時 報告・質疑・討論・採決

(2)常任委員会
  総務文教常任委員会  12月  5日(木) 午前10時
  環境厚生常任委員会  12月  6日(金) 午前10時
  建設経済常任委員会  12月  9日(月) 午前10時

 3 議案等

(議案) 25件
事件番号
事件名
付託
採決
議案第68号
太宰府市教育委員会教育長の任命につき同意を求めることについて
12/3
議案第69号
財産の取得(太宰府市緑地保護地区内)について
12/3
議案第70号
市道路線の廃止について
建設
12/17
議案第71号
市道路線の認定について
建設
12/17
議案第72号
区域外道路の認定の承諾について
建設
12/17
議案第73号
大宰府展示館の指定管理者の指定について
総務
12/17
議案第74号
水城館の指定管理者の指定について
総務
12/17
議案第75号
太宰府市文化ふれあい館の指定管理者の指定について
総務
12/17
議案第76号
太宰府市民図書館の指定管理者の指定について
総務
12/17
議案第77号
太宰府市いきいき情報センターの指定管理者の指定について
総務
12/17
議案第78号
太宰府市立北谷運動公園の指定管理者の指定について
総務
12/17
議案第79号
太宰府市立大佐野スポーツ公園の指定管理者の指定について
総務
12/17
議案第80号
太宰府歴史スポーツ公園の指定管理者の指定について
総務
12/17
議案第81号
太宰府市体育センターの指定管理者の指定について
総務
12/17
議案第82号
太宰府市男女共同参画推進センタールミナスの指定管理者の指定について
環境
12/17
議案第83号
太宰府市立老人福祉センターの指定管理者の指定について
環境
12/17
議案第84号
太宰府市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例について
環境
12/17
議案第85号
令和元年度太宰府市一般会計補正予算(第5号)について
各委
12/17
議案第86号
令和元年度太宰府市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について
環境
12/17
議案第87号
令和元年度太宰府市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について
環境
12/17
議案第88号
令和元年度太宰府市水道事業会計補正予算(第1号)について
建設
12/17
議案第89号
太宰府市特別職の職員の給与等に関する条例等の一部を改正する条例について
12/17
議案第90号
令和元年度太宰府市一般会計補正予算(第6号)について
12/17
議案第91号
令和元年度太宰府市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)について
12/17
議案第92号
令和元年度太宰府市下水道事業会計補正予算(第1号)について
12/17
(陳情) 3件
事件番号
事件名
送付
月日

陳情第10号

日本政府に香港の「自由」と「民主主義」を守る行動を求める要望書
総務
12/3
陳情第11号
「国による妊産婦医療費助成制度創設」並びに「福 祉医療制度の実施に伴う国保国庫負担金の削減措置 廃止」を求める自治体意見書採択についての陳情書
環境
12/3
陳情第12号
水城小学校エレベーター設置に関する陳情書
総務
12/3
※ 総務→総務文教常任委員会、建設→建設経済常任委員会、環境→環境厚生常任委員会、 各委→各委員会へ分割付託
 
12月議会の一般質問
 
11月22日(金)
 
 今回から一般質問の通告期限が約一週間早まりました。今日の提出分まで質問日が11(水)になるはずなので、急いで出しました。内容は以下の通りです。
 太宰府歴史スポーツ公園では、不当な占有や一般市民が利用できない異常事態が続いている。以下市の見解を伺う。
    占有団体と撤去や利用方法についての協議は行ったのか。
    9月議会では、「どの利用団体も条例に基づき適正に使用されていると認識している」」と回答されたが、芝の剥ぎ取りやフェンスの毀損は太宰府市公園条例第6条の禁止行為にあたる。 また予約外団体との共用は同11条権利の譲渡禁止に抵触すると考えるが、市の見解を伺う。
    条例第16条には許可の取消し、原状回復等の規定があるが、第6条の禁止行為について当事者を特定する努力は行ったのか。
    大池と篠振池および南東に隣接する「自由広場」を公園の一部とすることについて、福岡県との協議はいつ、どのように行われたのか。またテニスコート、弓道場、相撲場について、建物だけでなく競技施設としての敷地面積を伺う。
    多目的広場の芝生の面積は台帳では9930uだが、指定管理者から業者への委託では7539uになっている。 それぞれの数値の根拠について伺う。
    市民が利用できない都市公園(地区公園)は異常である。 月に1回、土日を「市民開放日」にするというが、「開放」とは何なのか?公園は市民のものではないのか?
 
意見交換会の資料
 
11月21日(木)
 
 平成26年の第1回から先日の第6回までの資料をスライドで掲載しました。ただ第2回だけデータが見当たりません…探してみます。上の「報告」をクリックしてください。
 
学生との意見交換会
 
11月19日(火)
 
 一昨日の市民との意見交換会に続き、学生との意見交換会を行いました。
 市役所の5階で午後6時から8時の2時間、市内の大学短大に通う30名の学生さんと、グループに分かれ、市の概要と課題について説明し、多くの意見と要望をいただきました。
 
議会意見交換会
 
11月17日(
 
 第6回太宰府市議会意見交換会を開催しました。
 午前の部は、中央公民館4階多目的ホール10〜12時、午後の部は総合体育館1階剣道場14時〜16時で行いました。
 内容は、令和元年度6月、9月議会と平成30年度決算報告の説明、常任委員会ごとのテーマについて意見交換です。
 総務文教常任委員会は「豪雨災害への対応について」、本市の災害履歴を説明し、参加者と意見交換を行いました。また午後の部はテーマを設けず、幅広い意見をたまわりました。
 
歴スポ問題
 
11月16日(土)
 
 9月議会で取り上げた、太宰府市歴史スポーツ公園における管理や運用の問題について、改めて説明してくれと市民団体から依頼がありました。いきいき情報センターで約30名の方々に、事の起こりから現在の様子、行政の作為、不作為について話しました。来月が正念場です。
 
多賀城市議会
 
11月13日(水)
 
 友好都市の多賀城市から、市議会文教厚生常任委員会の皆様が視察に来られました。
 視察項目は、「特別史跡の保存、管理及び活用の取組等について」です。
 正副議長が不在でしたので歓迎と本市の紹介を兼ねた挨拶をさせていただきました。
 
議会連絡会
 
11月12日(火)
 
 教育委員会所管職員における不祥事への対応等について、学校教育課から説明を受けました。元校長の支援センター所長(嘱託職員)とは何度も話したことがあり、信じられない気持ちです。そんなことをする人には見えませんでした。示談成立、不起訴、退職ということです。
 もう一人の小学校教師はテストを採点せず大量にため込んでいました。7月に処分を受け、現在も病気を理由に休職中とのことです。
 
街頭広報
 
11月11日(月)
 
 近年、国内の住宅火災による死者数は毎年約千人を数え、今後も高齢化の傾向とともに更に増加することが懸念されます。
 筑紫野太宰府消防本部では火災による被害を最小限にとどめるため、消火訓練や防火講習で消火器の使用方法について普及啓発活動を展開しています。
 今日は全国秋季火災予防運動事業の一環として街頭広報を行い、火災予防を呼びかけるとともに、消火器の使用法を入れたティッシュを配布しました。
 
消防視察:岡山市
 
11月8日(金)
 
 二日目は岡山市消防局東消防署へ伺いました。
 岡山市は面積約790平方km、人口約71万人の政令指定都市です。隣接する吉備中央町の消防事務を受託しており、合計の所管面積は約1058平成km、人口は約72万人です。
 昨年7月の豪雨では浸水被害が約7700棟に上りましたが、死者・行方不明者はなかったということです。理由としては、消防活動が功を奏したことはもちろんですが、集落の住民が助け合い、協力し合う相互扶助の精神が根付いていたようです。まさに「近助」です。
 
消防視察:総社市
 
11月7日(木)
 
 筑紫野太宰府消防組合議会の行政視察で総社市へ伺いました。
 総社市は面積約212平方km、人口約69000人、岡山県中南部に位置しています。
 昨年7月の豪雨では累計降水量が298mmとなり、高梁川(一級河川)流域の各地で浸水被害が多数発生し、死者9名(災害関連死含む)、負傷者38名、全壊184棟、大規模半壊329棟、半壊576棟、一部損壊721棟に及ぶ大きな災害となりました。また、アルミ工場が浸水したことにより大爆発、一部の地区は爆風による損壊約700棟、負傷者12名と、2重の被害を受けました。
 議員からは消防本部や消防団の対応について多くの質疑があり、資料とともに詳しい説明をいただきました。また、次の災害への対応として、偵察・記録用ドローン、作業用ドローン、高性能救助用ボートなどを備えておられます。特にドローンの活用は災害時に有効であると思いました。

ページのトップへ戻

アクセスカウンター

 

 

Copyright © 2012  門田直樹後援会  All Rights Reserved.
ご意見/お問合せ等はメールでお願いします naoki@f-icq.com